信託保全

万が一のためペット保険に入りましょう!犬の健康に役立つ保険とは?

犬のペットにも、保険があることを知っていますか?
犬でも、万が一の時の保険があるのです。
ですが、犬の医療費には基準がなく、高額になる場合もあります。
今回は、犬の保険について、ご紹介します。

犬病気

ペットの現状

現在、国内で飼われているペットは犬や猫だけで、約1800万匹います。
日本の総世帯の、約36%がペットと暮らしていることになるのです。
一方、ペットの高齢化が進んでいます。

これにより、人間と同じように白内障や痴呆、ガンなどが増加しています。
このような場合には、治療が長期にわたるケースも多いです。

しかし、ペットの医療費には基準がなく、人間のような医療保障制度もないです。
そのため、保険に入っておかないと想像以上の高額請求もありえます。

特に、手術や長期入院が必要になると、医療費がかさんでしまうのです。
ペット保険は、どこの動物病院にかかっても保障されます。

ペット保険の主なサービス

通院、入院、手術など医療費の保障をします。

飼い犬のかみつきなどの賠償保障をします。

高度後遺障害保険金があります。

葬祭保険金があります。

診断書費用保険金があります。

ペット保険は大きく2つのタイプに分かれます。
定率補償型と実費補償型の2つあります。

(定率補償型)
かかった治療費に対して、定率で補償するタイプのものです。
《支払い例(定率50%の場合)》
治療費   8000円
保険金額  8000円×0.5=4000円
飼い主負担 8000円-4000円=4000円

(実費補償型)
定められた規定額の範囲で、かかった費用を実費補償するタイプのものです。
《支払い例(日額5000円まで)》
治療費   8000円
保険金額  5000円
飼い主負担 8000円-5000円=3000円

ペット保険の具体的内容

通院治療保障

ケガや病気で、通院した時の保障です。

手術保障

ケガや病気が原因で、手術を行った時の保障です。

入院保障

ケガや病気が原因で、入院した時の保障です。

ガン保障

ガンが発症した時の保障です。

死亡保障

ペットが、病気や事故で亡くなった時のお見舞い金です。

賠償保障

ペットが、他人の体や持ち物に損害を与え、賠償責任が生じた時の保障です。

このように、犬のペットにも保証が充実した保険があります。
ペット保険利用で治療費が下がりますので、ぜひ保険の加入をオススメします。
愛犬の延命・長生きにも関係してくることです。

それぞれの契約条件を比較して、慎重に検討して下さいね。
まさかの時に、落ち着いていられるように、心の保険にもなりますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ