信託保全

犬のストレスを解消して愛犬の健康を維持しよう

現代において、多くの方がストレスに悩まされています。
犬も、ストレスを感じていると言われているのです。
場合によっては、ストレスが原因で、健康を害してしまう犬も少なくありません。
犬にとってのストレスとは、実際には、どのようなものなのでしょうか。

仲の良い家族と一緒にいることは、集団生活を基本とする犬にとっては安心できる環境です。
例えば、犬にとって知らない人との面識はストレスに繋がります。

また、普段の散歩でも、ストレスは感じている場合があります。
散歩中に、初めて見かける犬などを見つけた場合、警戒しています。
時には、敵意を剥き出しにして、吠えることもあるでしょう。

そのような状態のとき、自分の存在を主張しているとされています。
このとき、多少なりともストレスを感じているのです。

黒い犬

ストレスの原因は愛情不足?

子犬の頃からの成長過程が、想像以上に重要になってきます。
飼い主が愛情を注いでいないと、不安症になり、ストレスを溜めやすくなります。

犬は、直接的には人間の言葉を理解することができません。
飼い主の表情や口調と声のトーンなどで、犬なりに解釈しているのです。
ですから、声を荒げたり、怖い顔で怒鳴ったりすると、それだけで犬には恐怖を覚えます。
頻繁に怒鳴り声などを聞くと、知らずに、ストレスを感じているのです。

ストレスに対する犬の症状

脱毛

代表的なものには、脱毛があります。
生え変わりの時期でもないのに、急に体毛が抜けてきたときなどは気をつけましょう。
また、自傷行為に出てしまう犬もいます。

分離不安

犬にも、心の病気があります。
飼い主から引き離されることで、不安やストレスを感じてしまうことです。
ですから、留守番のときに、異常行動をとってしまうこともあります。
例えば、こんな行動も該当します。

・過剰に吠え続ける
・物を異常に噛んだり、壊したりする
・場所に関係なく、排泄してしまう

1人でおとなしく留守番ができないと、飼い主も安心して外出することができません。

強迫神経症

ストレスが原因で、不可解な行動を繰り返すようになる病気です。
・自分の尻尾を追い掛け回してグルグル回る
・足の裏などを執拗に舐め続ける

意外と多いのに、気に掛けていない飼い主も少なくないのです。

どうでしょうか?
簡単な例をいくつか挙げてみました。

予想以上に、犬はストレスを感じやすいのです。
犬を飼う方には、子犬の頃からいろんな環境や人に慣れさせましょう。
一緒に遊んだり、犬の身体を撫でたりといったコミュニケーションも大切です。
精神的な病気については、愛情の不足が原因となる場合が少なくありません。
できるだけ、スキンシップを取り、遊んであげることで解消されます。
愛犬の健康のためにも、しっかり触れ合ってあげましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ