信託保全

犬の食事量と回数を適切に設定しよう!

愛犬の食事、適切な量とタイミングを見計らって与えていますか?
犬は成長するにつれて、食事の量や回数が違っていきます。
きちんとしたタイミングと、量を犬に与えてあげましょう。
犬の健康維持のために、食事のタイミングと適量についてご紹介します。

子犬

1ヵ月:(乳歯が生え始めたら)

離乳食を、1日4回与えます。
市販の離乳食か、子犬用のドライフードをお湯か犬用ミルクでふやかして与えます。
慣れるまで、母乳と併用していいです。
胃腸に悪影響が出ないように、柔らかくするのがポイントです。

2ヵ月:食材に変化を与える

離乳食か、パピーフード(子犬用フード)を1日3~4回与えます。
ドライフードを与えている場合は、徐々にふやかす時間を短くし手下さい。
そして、そのまま食べられるようにします。

ただし、個体差があるので、様子を見ながらゆっくり慣れさせます。
生後3~4ヵ月頃には、硬いまま食べられるようにします。
便の硬さを見て、食材の硬さを調整してください。

4ヵ月:食事の量を考える

パピーフード(子犬用フード)を1日3回与えます。
成長期のため、栄養価の高い子犬用フードを与えます。
成長が終わるまでは、ダイエットをしてはいけません。

子犬や幼犬のうちは、ダイエットや少なめの食事にするのは止めましょう。
成長期は、少し太り気味に育てても良いのです。

6ヵ月:決めた回数に慣れさせる

食べる量が安定していきます。
1日2~3回です。
犬の種類にもよりますが、子犬の食事の必要量は6ヵ月頃が一番です。

成長は続いても、段々食事量は減っていきます。
犬は与えるだけ、食べてしまうので1度に与える量を考えましょう。

8ヵ月:成犬用に変更する

成犬並みの大きさになったら、成犬用フードに替えます。
1日2~3回です。
具体的には、体重の増加が止まった頃が、切替の目安です。

フードは、急に変えないようにしましょう。
急に変えると、下痢や嘔吐の原因になります。
1~2割混ぜて与えて、便や食欲に問題なければ、徐々に新しいフードの割合を増やします。

1週間ほどを目安に、完全に切替えるようにします。
過度の肥満にならないように、しっかりと運動をさせましょう。

1歳:健康のためカロリー計算をする

成犬用フードを1日2回与えます。
今までは、1日1回が普通でしたが、食事の回数が少ないと胃腸への負担が大きいです。
そのため、成犬は1日2回が基本です。

1日の必要カロリー量を守ります。
成犬になると太りやすくなるので、運動をさせます。
ドッグランなどで、走らせる運動が理想です。

7歳:消化の良い食材を選ぶ

老犬用フードに切替えましょう。
1日に2~3回です。
胃腸の消化機能が次第に衰えます。

代謝を維持させるには、栄養分が高く消化に良いものを選びます。
体力も衰え、病気になりやすいので毎朝の健康チェックが必要になります。
このように、犬の食事は年齢とともに量や与える回数が異なります。
きちんとタイミングを見計らって、適切に与えましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ